「トレーニング」カテゴリーアーカイブ

基本種目

今日のブログは最近、ジムで感じている事を書きたいと思います!

 

トレーニング歴のまだ浅い方でコンテストを目指していたり、1、2回コンテストに出場経験がある方。

 

明らかに基本種目を軽視しすぎです!

 

例えば、フィジークを目指している20代のトレーニーの方に多いのが・・・

 

『大胸筋は上部が大事だからインクラインをメインに!』

 

『ウエストが太くなるからデッドリフトはしない!』

 

『脚は関係ないからスクワットはしない!』

 

『肩には軽い重量でアーノルドプレスだ!』

 

確かにこれらの考え方はある程度トレーニング歴があり、基礎が出来ている選手ならば、選択肢としてあると思います。

 

しかし、まだまだこれからの選手がこんな事を言っていては全く話になりません。

 

愚直に基本種目を行うべきです!

 

実際、これらの種目から逃げているトレーニーを見るとトリッキーな種目を悦に入って行っていますが、いくらやっても筋肉の密度や本当の意味での筋肉の大きさは伴ってきていません。

 

ユーチューブやインスタグラムなどでトレーニング動画が流行していますが、それを真に受けて真似しているようでは本質を見失います。

 

IFBB PROがしているトレーニングは、あなたが必要なトレーニングではありません!

 

現在の自分を客観的に見て、今の自分に何が必要なのかをしっかりと意識しましょう!

 

とりあえず、ネットの世界から出て自分を見つめ直しましょう!

アブローラー

最近、再びブームの兆しにあるアブローラー!

 

現在ではアブローラー1つとっても様々な種類があり、どれもなかなかのクオリティーで良いトレーニングが出来ます!

 

そんな中でも最高な1品と出会ってしまいました!

 

こちらです↓

 

アディダスのアブローラーです!

 

これ最高です!!

ノーベルト

今日は時間をたっぷり使って脚のトレーニングをしました。

 

最近は増量でウエストも若干どっしりしてきているのでノーベルトでのフロントスクワット!

 

 

 

 

 

 

やっとノーベルトで120kgがこなせるようになってきました。

ボールクランチ

腹直筋の伸展・収縮の動作を丁寧に!

 

伸展

 

収縮

 

これだけで攣るぐらいの刺激入ります!!!

 

 

バランスボールを使用すると安易に“インナーマッスル”と言うトレーナーもいますが、これはゴリゴリのアウターマッスルのトレーニングです!

腹筋

今日はコンペティター向けです!

 

いつになっても必ず聞かれる質問が腹筋の出し方です。

 

トレーニングを頑張り、食事制限を頑張り、素晴らしいコンディションを手に入れた選手が良い結果を出せない事がよくあります。

 

原因はミッドセクションの出し方、つまり腹筋をどう出しているか?という事です。

(もちろん腹筋以外のポージングがまずい可能性もあります)

 

腹筋は大きく分けて2つの出し方があります。

 

 

 

 

上の①と②の出し方で、コンペティターとして正しいのは②です!

 

①の出し方はステージ以外の場では皆んなに『凄い凄い!』と言われて、コンテストに出てみたら残念な結果で、周りをがっかりさせるパターンのミッドセクションです。

 

②の出し方は減量で絞れれば絞れるほどウエストがタイトになりステージ上でとても映えるミッドセクションですね!

 

 

 

この違いは言葉で表すのはとても難しいのですが、強いていうならば・・・

 

①は腹をすぼめる。

②は腹を張る。

 

という感じでしょうか。

 

コンペティターの方は②の状態を自由自在に出来るように練習しましょう!

デッドリフト

今日も夜トレ!

 

今日は背中の日で、最近の強化指定種目のデッドリフト。

 

まずは180kg

 

 

 

調子もまずまずなので、190kg

 

(肝心のウエイトが見切れてますね・・・)

 

こういったヘビーな種目を行う時期は、あれもこれもと欲張って色んな種目をやりすぎない事が大切なポイントです!

 

『少ない種目数で、ガツンとストレスを掛け、しっかり回復させてあげる!』

 

これがポイントですね!

 

あれもこれもとやってしまうと、その日は頑張って出来ても次回の同じ部位までに回復が出来ておらず、結局ハードにトレーニング出来なくなってしまいます。

 

これも計画的にトレーニングと回復を考えて行う事が大切です。