「トレーニング」カテゴリーアーカイブ

2週

減量から2週が経過しました。

 

体重は2~2.5kgのマイナスです。

 

今日は胸の日でベンチプレスを行いましたが、少し力が無くなってきていますね。

 

 

今回の減量は絶対に使用重量を落としたくないので、3週経過して使用重量が落ちてきているようであれば、速やかに減量を切り上げるつもりです。

 

あと1kgが境界線になりそうです。

 

体調は完璧です!!!

ニュートラルグリップ

先日、MAGグリップの写真をアップしましたが、私がプルダウンで最も好きなグリップはニュートラルグリップ(呼び方が違うかもしれません)です!

 

 

素晴らしいアタッチメントです!

 

ストレッチ感良し!収縮感良しです!!!

 

ストレートバーの場合、肩甲骨のコントロールが出来ないとプルダウンはかなり難しい種目になってしまいますが、ニュートラルグリップなら自然に肩甲骨の軌道を安定させることが出来ます!

 

ビギナーの方やプルダウンで全く背中に感じない方は是非このグリップで行ってみて下さい!!!

MAGグリップ

最近流行りのMAGグリップ!

 

 

私が普段通うエニタイムにも設置されました。

 

 

確かに、掌をフックして引っ張れるので無駄な前腕などの力を使わず行えるのは素晴らしいですね。

 

しかし、私個人の感想としては、“別にいらない・・”という感じです。

 

一応、動画も撮ったので載せておきます。

バリエーション

先日、ベンチプレスの動画をアップしましたが、私は様々なバリエーションでベンチプレスを行います。

 

 

 

 

この脚を伸ばしたまま行うバリエーションはパラリンピアンのフォームを取り入れています。

 

(ベンチプレスは階級によっては、健常者より障害者の方が記録が重いという競技です)

 

昔、信田さんに教えてもらって、私が最もベンチプレスの重量が伸びたトレーニング方法です!

 

お試しください!

スピードベンチプレス

今日のトレーニングはマンネリを防ぐためにいつもとは違う刺激を!

 

脚を使わず、スピードを意識したベンチプレスを!

 

 

これを7〜8セット程。

 

 

 

 

後半はバテて全然“スピード”になっていませんが・・・

 

もう少し底上げしたいですね!

ボトムポジション

バックスクワットのボトムポジションは下の写真のAのようになるのが自然で綺麗なフォームです。

 

 

しかし、お尻を後方へ突き出すことを意識しすぎたり、スクワットで無理やり臀筋を使おうとすると、Bのようになってしまします。

 

しっかりと股関節を使いたいという気持ちは大切ですが、スクワットは膝関節と足関節もしっかりとタイミングよく使うべき種目です!

 

最近のお尻ブームで『腿の前には効かせず、お尻だけに効かせたい!』というウルトラCの難易度を求めている女性トレーニーがいますが、そんな芸当は不可能に近いでしょう・・・

 

難易度の高いテクニックをする前に基本種目を徹底的に行い、身体をコントーロールする能力や基本的な筋力を向上させるべきですよ!

 

そうしているうちに、本当に効果的な種目とただのパフォーマンスにしかならない種目が明確に理解出来るようになってきます。

 

しつこいようですが、基本種目を頑張りましょう!!!

スタンス

スクワットをする際には様々なスタンス(足幅)がありますが、私の場合は現在は次のようにしています!

 

フロントスクワット

 

 

かなり狭くして、つま先もほぼ正面を向けます。

 

このようにしている理由は明確にありますがここでは割愛させて戴きます。

 

バックスクワット

 

 

フロントスクワットよりも広めにしてつま先はやや外に向けます!

 

と言っても、現在の私は全くバックスクワットを行いませんので、このスタンスになることは滅多にありません。

 

私も今までに非常にたくさんのスタンスでスクワットを行なってきましたが、今のスタンスに落ち着いた理由は、『股関節・膝関節・足関節が無理なくタイミングよく動かせる』ということが一番のポイントです!

(あくまで私の骨格や筋肉の付き方の場合という意味です)

 

スクワットをしていて、関節の動くタイミングや可動域がしっくりきていない方は一度スタンスを見直してみると良いかもしれません!

 

これもベーシックなスタンスが基本にあり、そこから少しづつ微調整していくことをお勧めします!