admin のすべての投稿

偉大なる男

今日の投稿で父の他界については最後にしたいと思います。

 

そして、目一杯書き綴りたいと思います。

 

まず今回の父の死の経緯ですが、9月26日の午後に心肺停止の状態で自宅の居間で発見されました。

 

救急車で病院に搬送され心肺蘇生を施して貰うも父が戻ってくる事はありませんでした。

 

発見された際にパジャマ姿でいた事から、心肺停止してからかなりの時間が経過していたと思われます。

 

おそらく、一人でいる時に心室細動になりその場に倒れ込み、そのまま心肺停止し逝ってしまったのだと思います。

 

まさにピンピンコロリですが、あまりにも早過ぎます。

 

70歳を前にして、病院はおろか歯医者にも行った事がない様な人間が、こうもあっさりと逝ってしまうとは未だに信じられませんが、これが現実であり運命というものなのかなと思います。

 

『人は死んだ時に、その人の本当の価値が分かる』

 

と云われますが、私は父の通夜・告別式でまざまざとその偉大さを見せ付けられました。

 

私の目に映っていた父は、酒もタバコもギャンブルもせず、くだらない事を言って喜んでいる極々“普通”の真面目な男でした。

 

しかし、通夜・告別式で見た光景はその“普通”からは程遠いものでした。

 

通夜では、絶える事なく弔問客が訪れ、告別式ではホールに収まり切らない方々がエントランスにまで溢れ、椅子も足りなくなり、最終的にはロビーの長椅子が使用されていました。

 

挙句の果てには、4名もの方から弔辞を戴き、お焼香の列は途切れる事なく続き、とても多くの方が父の為に涙を流して下さいました。

 

身内を褒め称える事など、傲慢で恥ずべき事だと思っている私としてはこんな事を書く事に抵抗がありますが、今回ばかりは父の事で胸を張らせて下さい。

 

 

父が逝き、数日が経ち少し落ち着きを取り戻していますが、通夜・告別式とバタバタしていた時よりも淋しさや喪失感は増してきます。

 

『時間が人の悲しみを癒してくれる』

 

とよく云いますが、私にはそうは思えません。

 

時間の経過と共に、現実を突き付けられ、目を背ける事は許されなくなります。

 

しかもそれは容赦無く。

 

だからこそ、悲しみを癒してくれるのもまた、人なのではないでしょうか。

 

今回の私は勿論、私の家族もどれだけ多くの方々の励ましのお言葉、温かい電話やメール、弔電に救われ、助けられたか分からない程です。

 

私は、私の家族を励まし、勇気付けて下さった方々へのご恩を一生忘れません。

 

なぜなら、“普通”のサラリーマンが“普通ではない”告別式を迎えられたのは、その部分での誠実さを積み重ねて来たからだと思います。

 

長々と書いてしまいましたが、偉大な男を超える為の道は、私の想像していたそれよりも遥かに遠いものでした。

 

また明日から必死に生きて行こうと思います。

 

皆さん本当にありがとうございました。

 

ご報告

2014年9月26日の午後、私の父が他界しました。

 

今朝までいつも通り元気に生活していましたが、突然逝ってしまいました。

 

10月30日で70歳を迎える目前のあまりにも早過ぎる死です。

 

死というものは、突然にやって来て、あっけなく逝ってしまうものなのだと痛切に感じています。

 

そして私は父という最も大きな指針を失いました。

 

父が死をもって教えてくれた事は、人生は思い通りにいかないという事、そして、世の中は自分中心に回っていないという、あまりにも当たり前であまりにも無情な事だった気がします。

 

現在、私は寝ずの番をしながら父の傍でこのブログを書いています。

 

本来ならば、この様な事はブログに書かず、私自身や家族で完結させるべき事かもしれません。

 

しかし、このブログを見て下さり、明日のUSBB EAST JAPAN 仙台大会を期待し、応援して下さっていた方々に欠場する旨とその理由をお伝えする責任が私にはあると思っています。

 

超一流のプロ意識を持ち、競技に全てを捧げているアスリートならば、競技を優先される方もいらっしゃると思います。

 

しかし、残念ながら私はそこまでの意識は持ち合わせておらず、父が灰になってしまうまでの限られた時間を一秒でも一緒にいたいと思いました。

 

仙台大会を楽しみにして下さっていた方々、本当に申し訳ありません。

 

そして、出場される選手の皆さんベストコンディションでベストパフォーマンスを期待しています。

 

最後になりますが、父への生前のご厚誼を厚く御礼申し上げます。

 

阿部 和也

Mr.オリンピア

いよいよ、Mr.オリンピアが開催されます。

 

Mr.オリンピアとはボディビル界では世界最高峰の大会で正しくボディビル界のオリンピックといった感じです!

 

ボディビルでは、山岸プロが常連であり、今回も212クラスで優勝候補に挙がっています。

 

出場するだけでも、奇跡的な事なのに常連となり、優勝候補に挙げられるというのは、僕ごときが口にするのもおこがましい事です。

 

そして、このMr.オリンピアにも昨年からフィジーク部門が開催されています。

 

今年の本命はSadikでしょうね。

 

image

 

 

 

僕の好きな選手はJeef Seid!

 

image

 

非常に若い選手ですが、彼のウエストのシェイプや背中の広がりは僕の理想型です!

 

そして、彼に憧れる理由のもう一つとしてポージングです!

 

フロントポーズでは、多くの選手が斜めに立ちアウトラインを誤魔化す事が多いのですが、彼はしっかりと正面を向き、肩や背中のアウトラインをこれでもか!というぐらいアピールしています!

 

カッコイイです!

 

是非、皆さんもMr.オリンピアに注目して下さい!

ボディビルダー 信田 泰宏

先日の9.6 USBB WEST JAPANでは、僕のトレーニングパートナーである信田さんもボディビルで出場しました!

 

持ち前のプロポーションの良さと、国内トップクラスのベンチプレッサーとしての上半身は流石でした!

 

image

 

image

 

 

ポージングも悪いクセがなく、観客席から観ていてもとても美しかったです。

 

image

 

 

しかし、ボディビルという競技はキャリアや実績が大きく物を言うスポーツです。

 

流石の信田さんも今回は6位という決して満足といえる結果ではなかったと思います。

 

ただ、今回の信田さんのボディビルへの挑戦は本当に勇気のある素晴らしい事だったと思います。

 

このブログでも度々、紹介していますが彼は紛れもなく日本のトップベンチプレッサーです!

数年後には日本チャンピオンになっている可能性が高いパワーリフティング選手です!

 

今回の挑戦の結果によっては、その素晴らしい実績にケチがついてしまう可能性もありました。

 

しかし、彼はそんな事は百も承知で何の迷いもなくボディビルに挑戦しました。

 

僕はこの挑戦する姿勢と勇気は、男として尊敬に値するものだと思いました。

 

試合や大会に出る勇気もないのに、人の結果に対してグダグダ言う人間を僕は許さないし軽蔑します。

 

image

 

 

今回の結果を受けて、反省や課題はしっかりと受け止め、信田さんはもう前に進んでいます。

 

次はメルボルンで行われる、アジアベンチプレス大会での優勝です!

 

もちろん、僕の仙台大会への挑戦も信田さんの行動から勇気を貰ったというのが大きな要因です!

 

信田さん、これからも頑張りましょう

 

TRY AGAIN

 

 

 

9.6 USBB WEST JAPANが終わり数日が経ちました。

 

身体は浮腫みまくり腹筋のカットは消え、顔もパンパン…

 

しかし、心には消えないものが。

 

ミッドセクションを重視した勝者か、アウトラインを意識した敗者か、フィジークの本質はどちらなのか…

 

このままでは終われない。

 

そう思った瞬間、

 

9.27 USBB EAST JAPAN仙台大会の出場を決めました!

 

名古屋が不甲斐ない結果に終わり、

 

『それなら仙台に!』

 

などという考え方は非常にカッコ悪く、男らしくないと言われるかもしれません。

 

しかし、いくらカッコ付けていても、所詮、僕はカッコ悪く女々しい人間なのです。

 

再チャレンジするチャンスが、目前にあれば、それにしがみつく事に躊躇はありません!

 

もちろん、仙台大会に挑戦する事で、更に大きなダメージを負う可能性もあります。

 

それも含めて、チャレンジする事を決めました。

 

出場を悩んでいる選手や、名古屋大会のリベンジを考えている選手、まずはコンテストの雰囲気を感じたいという選手の方々、是非とも一緒に挑戦しませんか?

 

USBB JAPANのコンテストは本当に楽しく、充実した時間を感じる事が出来ます!

 

仙台大会の出場登録締め切りは9.12です。

ご質問・お問い合せはこちら

9.6 USBB WEST JAPAN 結果

image

 

 

結果は➕170cmクラス3位でした。

 

出場する以上は優勝を目指していましたし、USBB JAPANの活動でフィジーク部門に関しては様々なチャンスを与えて戴いている立場ですので、優勝という結果が欲しかったというのが本音です。

 

しかし、3位という結果に一切の不満はありませんし、一言の言い訳もありません。

 

ただただ僕の実力が無かったという事です。

 

このコンテストに出場するにあたり、とても多くの方々から激励のお言葉やメールを戴きました。

 

本当にありがとうございました。

 

そして、ご期待に応えられず申し訳ありませんでした。

 

これに懲りずにまだまだチャレンジしていきますので、どうか話のネタにでもして笑ってやって下さい!

 

このままブロンズコレクターになるわけにはいかない…

出陣

9.6 USBB WEST JAPANの日がやって来ました。

 

体調はまずまず、体重も予定通り68.5〜69kg。

 

昨日はたくさんの方に激励メールを戴きありがとうございます。

 

わざわざ、僕の事を思い出して戴き僕の為に時間を使って下さった事に本当に感謝します。

 

メールを下さった方へは、コンテスト後すぐに結果報告のメールをさせて戴きます!

 

という事で、行って来ます!

 

image