基礎代謝を上げて…

 

もうすぐ夏ですね!

 

毎年、この時期になるとテレビ、雑誌、スポーツクラブ、エステなどなどダイエットの企画が増え、猫も杓子も

 

『基礎代謝を上げれば痩せる!』

 

が決まり文句です。

 

確かにこの言葉は間違っていないと思います。

 

が、少々都合が良いように使いすぎているように感じます。

 

こういったキャッチフレーズは大抵が、筋肉を付けて基礎代謝を上げる事を勧めています。

 

しかし、何度も言うように筋肉を1kg増やすには、相当な時間と労力を必要とします。

 

週に5日のトレーニングを1年間継続して、やっと1kgの筋肉が増える程度だと思います。

 

そして、残念なお知らせですが、やっとの思いで筋肉を1kg増やしても、基礎代謝という意味での消費カロリーの増加は15kcal/日程度です。

チョコレート1かけらです…

 

1kg減量するのに、約7000kcalのマイナスが必要と言われているのに、この程度の消費カロリーアップで痩せて行きますか?

 

それに、基礎代謝が高いと太りにくいという考え方自体が怪しいのです。

 

173cm69kgのある程度の筋肉を持つ僕と、173cm80kgの太った男性のどちらの基礎代謝が高いかというと、後者なのです。

 

つまり、基礎代謝が高いからと言って痩せやすい、太りにくいという考えは間違っています。

 

ですので、夏を目前にした今から頑張ってトレーニングしても、基礎代謝が上がる程の筋肉は夏までに付かないし、付いたとしてもドンドン痩せて行く…というほどの威力は全くありません。

(糖代謝や脂質代謝、タンパク質代謝は向上します)

 

 

では、どうすれば夏までに痩せれるか。

 

やはり、食事の内容を改める事です。

(実際にはそれが基礎代謝を上げる1番の方法です)

 

それだけは、出来ないという方は…

 

諦めましょう。

 

人間諦める事も大切ですしね!

 

カフェインの誘惑

 

健康維持や身体作りには、

 

“食事”

 

“運動”

 

“睡眠”

 

の3つが大切だと言われています。

 

僕も身体作りをしている者の端くれとして、これらを意識しているのですが、“睡眠”に関してはかなり問題を抱えています。

 

寝付けない、途中で起きる、目覚めがスッキリしないの三拍子です。

(最近では5月にぐっすり眠れた日が1日あったくらいです)

 

“睡眠”が向上すれば、もう少し良い身体が出来るのになぁ〜といつも思います。

 

過去には、ホットミルク、アロマ、音楽、サプリメントなど数多くの事を試みてきましたが、どれもダメ。

 

そして、最近は遂にコーヒーを少し控えるというアプローチを始めました。

 

コーヒーといえば、タバコを辞めた僕にとっては唯一の嗜好品であり、なくてはならない存在です。

image

かと言って、ノンカフェインではどうしても、ガツンと来ないので嫌だし。

 

ですので、まだ夜は飲まない程度の事ですが、現時点では、睡眠の質が向上している気配は全くない為、もう少し踏み込んで制限して行こうかなと思っています。

 

カウンセリングを受けに行こうかな…

 

 

第1段階終了

今日、7月6日で調整の第1段階が終了します。

 

今のところ、ペースが速くなりすぎる事もなくまずまず順調です。

 

強いて言えば、ベンチプレスの重量が少し落ち始めているので、頻度を上げて早めに戻したいくらいです!

 

というコトで、明日からの第2段階に向けて、少しチート。

 

最近、チートが多い気がしますが、まぁ大丈夫です!

 

image

 

 

image

 

 

調整の準備段階は今日で終わり、明日からは本格的に減量して行きます!

 

あとは日焼けやシェーブダウンも早め早めに準備し、減量終盤の体力が無くなった時に慌てる事がないよう取り組んで行きます!

 

ただし、日焼けしてクロくなっているだけ…と言われないようコンディションを高めて行きたいものです!

MAX

 

最近、ベンチプレスについて沢山の方々からオファーを戴きます。

 

そこで、1つ気になる事があります。

 

それは、ベンチプレスのMAXについてです。

 

トレーニーの会話で

 

『ベンチプレスどのくらい挙げるの?』

 

『ベンチのMAXは?』

 

というのは挨拶の様にかわされています。

 

しかし、自己申告した重量を実際に行って貰うと、唖然とする事が多々あります!

 

バーが胸についていない。

 

ベンチの上に脚を載せて、いきなりフロアプレスをする。

 

バーにクッションを巻き付ける。

 

足の裏がしっかり着いておらず、距離を狭くしたいが為に、つま先立ちになっていて、カーフのトレーニングかと思うような…

 

はっきり言って、こんなやり方でMAXを語るのはあり得ません。

 

バッティングセンターでのホームランを通算ホームラン数にカウントしている様なものです!

 

公式のホーム、コールでないと認めません!とは言いません。

 

少しお尻が挙がっているや、胸で少しバウンドする程度なら全然OKです。

 

ちっぽけなプライドは捨てて、本当の意味での自分のMAXを把握する事をお勧めします!

 

因みに、僕のベンチプレスの先生である信田さんは、公式のフォームでなければ210kgや220kgが挙がりますが、MAXを尋ねられた時に、公式記録である180kgと答えていました。

image

それは、彼のベンチプレッサーとしてのプライドはもちろん、物事の本質を見ているからだと思います!

同志

 

今日のランチは渋谷でこの方と!

 

image

 

 

和久井さん!

 

11月のコンテスト以来の再会でしたが、相変わらずのコンディションの良さと昨年よりひと回りバルクアップされた感じでした!

 

僕個人の見解ですが、総合力では現在の日本人フィジークアスリートでNo.1の選手が和久井さんだと思います。

 

和久井さんとは、トレーニングのお話はもちろん、これからの日本フィジークの未来や海外フィジークのお話、ウエイト・トレーニングの啓蒙活動のお話などたっぷりさせて戴きました!

 

素晴らしい刺激を戴き、コンテストまで更に自分に厳しく取り組めそうです。

 

和久井さんお忙しい中、ありがとうございました!

チートデイ翌日

 

昨日は三友会の暑気払い飲み会でした。

 

普段お酒をあまり飲まない僕は、このような日をチートデイにして、お酒も甘い物も遠慮なく戴きます!

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

image

チートデイと云うと、

 

『なんでもかんでも食べて良い日じゃないよ!

普段の減量食よりハイエネルギーにしても良いけど、好きなものを好きなだけは勘違いだよ!』

 

と仰る方もいますし、勿論、時期によってはその様にするのがセオリーです。

 

しかし、あくまで僕の感覚ですが、食べたい物をガンガン詰め込んで行っても、翌日からキッチリ減量食に戻す事が出来ればチートデイの本来の目的である起爆剤の役割を果たす事が出来ると思います。

 

ただ、チートデイの翌日の空腹感と単糖類への依存感は凄まじいものがあり、精神的な厳しさはこの日が1番ですね。

 

チートデイの取り入れ方がわからないという方は、いつでもご相談下さい!

 

毎日がチートデイになっている方は…

 

頑張って下さい!

頂き物

毎年この時期は有難い事に、たくさんの物を戴きます。

 

今日はこちら。

 

image

 

 

メロン!!

 

減量中でもタイミングさえ考慮すれば、食べてもいいんですよ。

 

あと2.3日寝かせようか!

イチローの謎

 

僕がテレビドラマで最も好きなのが、“古畑任三郎”です。

 

リアルタイムはもちろん、DVDや再放送も必ず観ます!

 

殆ど古畑マニアのレベルなのですが、未だにトリックがわからない回があります。

 

それは、イチロー選手が出演した時のものです。

 

車の中でコオリヤマという男を殺害する際に、2つのカプセルを掌に乗せ、その1つには劇薬のストリキニーネが、もう1つにはハチミツが入っている。

image

 

そして、その2つのカプセルの1つを先に選ばせ、残りをイチロー選手が取り、同時に噛み潰すというシーンです。

 

イチロー選手は

 

『これはゲームだ!俺はフェアな勝負しかしない!』

 

と言っているのですが、三谷作品でたまたまイチロー選手がハチミツの方を取ったとは思えません。

image

 

どなたかこの謎が解けた、古畑マニアの方はいらっしゃいませんか?

 

是非、御教授下さい!

 

 

 

2014.6.29

調整を始めて、約3週間です。

 

先日の投稿でも書きましたが、この3週間はハイペースにならない様、自制気味に進めてきました。

 

今日現在でこんな感じです。

 

フロント

image

 

バック

image

 

コンテスト二ヶ月前の状態としては、予定通りです。

 

僕は、ここからの5週間がとても大切な期間だと思っています!

 

また、逐一写真で途中経過をアップします。

 

 

 

 

7月21日は東京クラス別ですね。

 

観戦に行こうかな…

2014メンズフィジークチャンピオン&パーソナルトレーナー阿部和也のブログ

Translate »