復活

この数日間、スマートフォンからのアクセスが出来なくなっており、たくさんの方からお問い合わせを頂いておりましたが、全幅の信頼を置くSEに対応して貰い、先程復活しました!

今後も宜しくお願い致します。

ドーピングとスポーツ②

ドーピング

前回の投稿で、禁止薬物の事を書きましたが、今回はその補足です。

禁止薬物には、様々な物質がありますが、基本的にはどの薬物もアナボリック作用。

つまり、筋肉増強作用というものが一番の目的として使用されていると思われます。

ドーピングの効果で証明されるのは悲しい事ですが、技術が全く同じならば、全ての競技において筋力やパワーが強い方がスポーツパフォーマンスは向上するという事を裏付けています。

なぜなら、そのような薬物には陸上競技用、野球用、格闘技用、ボディビル用・・・などといった競技別のものはありません。

ましてや、〇〇筋だけ肥大させる、〇〇筋はそのまま・・・などとターゲットを決める事も出来ません。

ホルモンに働き掛け体内環境すべてをアナボリックにするのです。

単純に筋力やパワーを増やすことを目的に使用するのです。筋力がアップしたことで副産物として技術が向上する事はあっても、技術をアップさせるために使用しているのではありません。

この事でも、スポーツ競技者にとって筋力やパワーがいかにプライオリティが高いのか証明されています。

ですので、以前から訴えていますがスポーツ競技者には筋力とパワーをアップさせるためのウエイトトレーニングをハードに行って欲しいと思います。

 

ちなみにですが、これらの薬物は本来であれば医療の場で正しく処方されている物であり、本当にこれらのお薬を必要とされている方々も多くいらっしゃいます。

 

ドーピングとスポーツ

ここ最近、様々なスポーツ競技で禁止薬物の使用が発覚しています。

陸上短距離のタイソン・ゲイ、アサファ・パウエルなど・・・

ゲイ

MLBのアレックス・ロドリゲス・・・

MLB: Yankees vs Orioles AUG 31

自転車競技のランス・アームストロング・・・

 L_Armstrong

彼らのような超一流のプレーヤーが禁止薬物を使用しパフォーマンスを向上させていたという事は、かなりショッキングなニュースであり、いかにスポーツ界に薬物が蔓延しているかという現実を炙り出しました。

この薬物の問題を遡れば、ベン・ジョンソンや

ジョンソン

バリー・ボンズという名前も挙がってきます。

ボンズ

 

彼らの多くは、禁止薬物の使用が発覚した際に、

『故意ではない・・・』

『サプリメントに入れられていた・・・』

『トレーナーに勧められて飲んだビタミン剤に・・・』

と言い訳をしますが、トップアスリートである以上、自分自身が口から摂取する物には過剰なほど細心の注意を払うべきですし、それが出来ずに他者から陥れられるようなら、トップアスリートの器ではないという事です。

勿論、故意に使用していたのなら人間としてクズです。

しかし、この問題はこの先のスポーツ界で永遠の課題になると思います。

薬物を使用している者・・・

過去に使用していたのに、何事もない顔をしている者・・・

薬物の力など一切使わず、己の鍛錬だけで勝負をする者・・・

 

クリーンなスポーツ界になって欲しいものです。

中村紀洋選手

のり

この選手はやはりすごいバッターだな!!

タイミングの取り方天才的だよ。

過去に色々な問題行動してるみたいだけど、バッターとしては超一流だと思うな。

オールスターで大谷投手から三振してるの観てそう感じた。

ドローインの弊害

最近、テレビや雑誌などで“ドローイン”と言ってお腹を凹ます事で、腹横筋という筋肉を教育し、ウエストのサイズダウンを促したり、腰痛の予防や改善に役立てているという物をよく見かけます。

そもそも、この“ドローイン”というのは、深層腹筋群である腹横筋、横隔膜、多裂筋、骨盤底筋群を正しく使えるように教育する為、ヨガやピラティス、リハビリテーションの現場で古くから行われてきた手法です。

深層腹筋群は呼吸との関わりがとても深い為、息を吸いながらお腹を膨らませ、息を吐きながらお腹を凹ませるという事でトレーニングするパターンがスタンダードです。

Woman with hands on abs

このトレーニングは僕もクライアントに行って頂いたり、

『ウエストが細くなった!』

『腰痛が改善された!』

『結果的に内臓も刺激するので、便秘が解消された!』

などとプラスの変化を体感される方がとても多くいらっしゃいます。

 

しかし、最近のクライアントの方で多くいらっしゃるのが、この“ドローイン”は物凄く上手にされるのですが、それが弊害になり

『いついかなる時でもお腹を凹ませてしまう』

というあまり好ましくない癖を付けてしまっている方々です。

 

確かに、“ドローイン”する事は脊柱を安定させ、身体に軸を形成します。

しかし残念な事に、それだけでは強い力やここ一番での爆発的な筋力発揮をする事は出来ないのです。

特にスポーツ選手がこんな状態になってしまったら致命的です。

では、爆発的な筋力発揮をする瞬間はどうするのかというと・・・

“お腹が破裂するぐらい一瞬で膨らます”のです。(ちょっと誤解を生む表現かな・・・)

イチロー選手が打つ瞬間に“フンッ”と力を入れるのもそう!

伊達公子選手がスマッシュを打つときに“フンッ”と言うのもそう!

室伏選手が投げる瞬間に叫ぶのもそう!・・・かな?!

やはりトップアスリートは自然に行っているのです。

 

何事も、表と裏があります。

“ドローイン”は素晴らしいトレーニングです。それを更に生かすためには、その逆も出来たほうが良いと思います。

やり方が解らなければ、お近くのトレーナーに相談してください。

 

 

ヨガ

image4

今回はヨガがダイエットやシェイプアップに有効なのか?

という事について。

僕の考えは、

『趣味や楽しさを求めたり、心身のリラックスには最高だが、ダイエットには有効ではない!』

です。

運動強度や難しい理由を挙げればキリがありませんが、一番の理由は意外にもヨガのインストラクターは太っている方が多いからです。

ヨガのインストラクターの方々のイメージといえば、スリムで美しくシェイプアップされていてどこか神秘的な雰囲気を醸し出しているという感じです。

確かに、僕の周りにもそのような美しいインストラクターがたくさんいらっしゃいます。

しかし、そうでないインストラクターがいるという事は、ヨガのエクササイズそのものにシェイプアップ効果はあまりないという事の証明です。

1日に5~7本ものレッスンをほぼ毎日行っているのに、シェイプアップしないのです…

やはり、食事の質がシェイプアップを作り出す事は、間違いないと思います。

とはいえ、ヨガに限らずベーシックなウエイトトレーニング、加圧トレーニング、スロートレーニング、ピラティス、エアロビクスなどのインストラクターにも太っている方はたくさんいるので、エクササイズのみでのシェイプアップはなかなか難しいという事が言えます。

カロリー制限

ダイエットや減量には様々な方法があり、それぞれの方法で成功している方々がいます。

僕は、カロリー制限を厳密にしてダイエットする時代は終わった。

と思います。

勿論、カロリーなど全く気にせず食べて良い!

という意味ではありません。

ただ、1日に〇〇キロカロリー、1食〇〇キロカロリーという具合にカロリーだけに執着して、栄養素の内訳を意識しないのでは意味がないという事です。

では、カロリーではなく何を意識してダイエットするべきなのでしょうか!?

妥協

最近、自分自身のトレーニングで感じること。

“減量”してるとか、体重が減っているとかを言い訳に

『1㎏でも重い重量で!1回でも多く!』

という気持ちが無くなっている。

もう一度、気持ちを入れ直してトレーニングしよう。

友からのコメント

僕はあまりプライベートな事は投稿していませんでしたが、先日心の底から嬉しい出来事があったので、我慢出来ず書きます。

ブログを書き始めて約半年ですが、友人がコメントを寄せてくれたり、怪しい業者からコメントが入っています。

先日その中に、記憶の奥の方にある名前が…

コメントには、

『久しぶり!

東京でトレーナーやってるって聞いたから、検索してみたらこのブログがあった!

お前らしい内容やなっ!なかなか良いやないか!』

というものでした。

彼は、小学校・中学校の時、毎日の様に遊んでいた大切な“友達”でした。

しかし、20代の頃にほんの些細な事で行き違いが生じてしまい、それ以来ずっと疎遠になっていました。

地元に帰郷する度に、連絡してみようかな…と思いつつも、そんな勇気もなく、現在の連絡先も知らず。

もう、縁が切れてしまったんだ…

と思っていました。

そんな彼からのコメントたったので、一瞬、目を疑いましたが、涙が出る程嬉しかったです。

彼の気持ちとしても、決して気軽にコメント出来た訳ではない事は察しがつきます。

ありがとう庸三。

今度ゆっくり飲みましょう!

2014メンズフィジークチャンピオン&パーソナルトレーナー阿部和也のブログ

Translate »