admin のすべての投稿

サボり

ここ数週間ブログの更新をサボっておりました。

 

お陰様で沢山のオファーを頂き、忙しくさせて頂いておりましたので、ブログにまで手が回らなかったというのが正直なところです。

 

しかし、私のブログ如きでも『毎日チェックしてるけど、更新がないから寂しい』と言って下さる方がいらっしゃる事に感謝しております。

 

ですので、また頑張ってアップして行きたいと思います!

 

皆さんのお陰で娘も元気にしております!

 

優勝

先日、開催されたベストボディ長野大会でクライアントの石田様がガールズクラスグランプリに輝きました!

 

 

彼女のポテンシャルからすれば特段驚くようなことではありませんが、しっかりと結果を出すことは簡単なことではありません!

 

そのぐらい今回の大会に対しての取り組みはストイックなものでした。

 

コンテスト当日も逐一メールを貰いコンディションのチェックを行いながら、慎重にピーキングを行いました!

 

グランプリに相応しい取り組みだったと思います!

 

コンテストの模様はこちら↓

 

パーフェクトスコアで優勝していますので、誰が見ても圧勝ですね!

(コンテスト出場を目指している方には非常に良いお手本動画だと思います)

 

そんな彼女が今日、ゴールドのサッシュを持ち帰って来てくれました!

 

 

完全にサッシュが逆さまですね・・・

 

そんなチャーミングな女性です!!!

 

みかさんおめでとうございます!

 

次は全日本大会!!!

道具

最近、イヤホンをしているから本人が気付いていないのか、元々そういう人間なのか…

 

トレーニング機器やダンベル、プレートの扱いが酷い人間を多く見ます。

 

(勿論、限界ギリギリで力尽きてしまったり、危険回避の為に時として大きな音を立ててしまうというのは、誰しもあることです。)

 

今日もジム内で2人に注意しました。

 

申し訳ありませんが、私はこういった人間を見て見ぬ振りしません。

 

私が大切にしている人や物を破壊するような行動をする人間は絶対に許しません。

 

遠慮なく厳しい言い方で注意させて頂きます。

 

そこに、『使用料を払っているメンバー』という立場の話は関係ありません。

 

多くのメンバーの方々が丁寧に使用されている機具を乱暴に扱う人間には毅然とした態度で接します。

 

こういった人間の共通点は

・出来もしないのにトリッキーな種目を行う

・ウェアやギアだけは一丁前

・イヤホンをして話しかけるなオーラ全開

 

メンバーの方でそういった乱暴な人間が気になる場合は、直接注意せず、スタッフにお伝え下さい。

 

気持ち良くトレーニングしているのに、そんな事で嫌な思いをする事は、時間もエネルギーも無駄です。

 

スタッフに注意させてご自身は気持ちよくトレーニングを続けて下さい!

エースと四番

昨日、食事の際に斉藤和巳氏の話をしていて、今日たまたまYahoo!ニュースで関連した記事がアップされていました!

 

 

⬇︎⬇︎⬇︎

斉藤和巳 小久保裕紀

 

斎藤投手の活躍や私生活での部分は別として、この記事を読んで野村監督の

 

『エースと四番はチームの鑑でなくてはならない』という言葉がぴったりです。

 

小久保さんも脱税や私生活は別として野球への取り組みや身嗜みにはかなり厳しい方だったと聞きました!

 

 

小久保さんは紛れもなくチーム中心であり四番に相応しい選手だったという事ですね!

 

これは野球だけでなく、組織や会社でも全く同じですね!

 

『組織はリーダーの力量以上には伸びない』というのも名言です。

環境

私は身体作りやダイエットの指導をさせて頂く事が多々ありますが、確実に結果を出していく方々には共通点が幾つかあるのですが、その一つが『適切な環境を素早く作る』という事です。

 

身体づくりには食事・トレーニング・休養という3本柱がありますが、その全てをコントロールして結果へと繋げて行きます!

 

一方で、恵まれた環境を与えられても本人のやる気がない場合は全く意味がないことも事実です。

 

『馬を水辺に連れて行けても水を飲ませることはできない』

 

という格言の通りです。

 

私も最近は自分自身の環境を整えることをとても意識して取り組んでいます!

 

仕事・トレーニング・食事・睡眠・プライベート全てに!

小池さんおめでとう!

先日、新宿で開催された山岸クラシックで小池さんがIFBB PROになりましたね!

 

おめでとうございます!!!

 

世間では小池さんというよりユーチューバーのJINさんという方が定着していますね。

 

私は2014年ぐらいから同じコンテストの出場していますが、とにかくその当時からとてつもない身体でした!

 

何年か前にオーバーオールで同じステージに立てたことは、とても良い思い出です!

 

プロとアマチュアは絶対に同じステージに立つことは出来ませんからね・・・

 

 

 

 

プロでの活躍も期待しています!

 

私は、違った形でフィットネスに向き合っていきます!