“細マッチョ”

ブルースリー

以前も何かで書きましたが、男性でトレーニングをされている方で一番多い目標が“細マッチョになりたい”というものでした。

上の写真は“細マッチョの大家”ともいえるブルース・リーです。

彼は果たして“細マッチョ”なのでしょうか?

僕には、完全なマッチョに見えます。

彼の場合、極限まで体脂肪を削っているので、“細い”というイメージが沸いてしまうのかもしれませんが、彼の筋肉量たるや相当のものです。

では、今世間で流行っている“細マッチョ”はどういうものかと言うと・・・

ただの、“ガリガリ”、“もやし”、“細いだけ”という言葉が適切ではないでしょうか?

『腹筋が割れている、と言いながら痩せすぎで皮下脂肪がほとんど無く、ただ単に腹直筋の輪郭が見えているだけになっていませんか?』

つまり、本当の意味での“細マッチョ”を目指すなら、ブルース・リーのようにトレーニングで筋肉を豊富に付け、食事や有酸素運動で体脂肪を削ぎ落とすことが必要という事です。

 

今後は、“ガリガリのもやしヤロー”を見て、“細マッチョだね!”などと言ってはいけません。

“ただ痩せてるだけじゃん!”

    や

“細~、しっかり食べてる?”  と言ってあげましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です