「野球」カテゴリーアーカイブ

ノーヒットノーラン

今日、オリックスの山本由伸投手が西武戦でノーヒットノーランを達成されました。

 

 

今シーズンは投手の記録ラッシュで、佐々木朗希投手の完全試合、今永投手、東浜投手のノーヒットノーラン。

 

150キロ台の速球を投げる投手が多くなり、ここ3〜5年程で一気に投手のレベルが上がったように感じます。

 

そこには、トレーニング科学の進歩やコンディショニングの発展などがかなり貢献していると思います。

 

山本由伸投手は23歳にして『1日をおろそかにしたら、その1日はもう戻ってこない。サボった結果は自分に返ってくる。』という取り組みの選手です。

 

子供達のお手本になる様な素晴らしい選手です。

完全試合

ロッテの佐々木朗希投手がオリックス戦で完全試合を達成しました。

 

 

物凄い投球だったようです!

 

そして、佐々木投手をリードした高卒ルーキーの松川捕手も素晴らしい才能らしいです。

 

 

楽しみな選手が増えて来ました!

ブライス・ハーパー

現在のメジャーリーグで私が最も好きな選手。

 

ブライス・ハーパー選手

 

 

メジャーリーグの労使が揉めていることで、Instagramにこんな投稿をしました。

 

 

巨人のユニホームを合成し、代理人のスコット・ボラスに連絡する様に!と…

 

実現する事は無いと思いますが、観てみたいですね!

工藤前監督 博士課程へ

Yahoo!ニュースに素晴らしい記事がありました。

 

ソフトバンク前監督の工藤公康さんが、博士課程への進学の為、勉強されているというものです。

工藤さん博士課程へ

 

あれだけ、選手としても監督としても揺るぎない実績を残している方が、更に運動学を深く学ぶという姿勢は本当に素晴らしい事だと思います。

 

トレーナーの世界でも同じですが、実績があるとどうしても自分の体験談に頼った指導になってしまいがちです。

 

『自分はこうして結果を出したから!』

『オレの時はこうだったから…』

 

私が教わる側の立場でも、散々このような事を言われてきました。

 

その度に私は

 

『それはあなたの場合だけでしょ⁈』

『裏付け何もないじゃん⁈』

 

と思っていました。

 

ですので、私の指導は経験談を軸としていません。

(最後の最後は“気持ち”がモノを言う!という古い考えですが)

 

工藤前監督はそれでは選手の可能性を伸ばせないという事を理解されているのだと思います。

 

 

 

そして、そんな素晴らしい指導者だからこそ、ソフトバンクは常勝軍団だったのだと思います。

 

再度、私も見習います。