「野球」カテゴリーアーカイブ

吉井監督

来シーズンのロッテ監督に就任した吉井理人監督。

 

 

現役時代は近鉄やヤクルトで活躍し、メジャーでもプレーされました。

 

近鉄というチームカラーもあってか、現役時代はかなりやんちゃだった印象ですが、現在では非常にダンディな理論派へとイメージチェンジしています。

 

そんな吉井監督はウエイト・トレーニングをライフワークにしているとの事で非常に良いコメントを残していました。

 

『指導者としてみっともない身体にはなりたくないという思いがある。自分の身体と向き合う事も大事。自分の身体も管理できないのに、人を管理できるかということ。』

 

全ての指導者、管理職に聞いて欲しい言葉です。

松井稼頭央監督

西武ライオンズが来季から松井稼頭央監督となり記者会見が行われました。

 

 

年齢を重ねても完璧に体型を維持されていて、直ぐにでも現役復帰出来るほどハツラツとしているオーラは現在時代そのままに本当にカッコ良いです。

 

 

あんな風に年齢を重ねていきたいと改めて思いました。

 

来年の私はセリーグは燕党。

 

パリーグは獅子党です!

優勝

昨日、ヤクルトスワローズが優勝しました!

 

 

燕党の私としては非常に嬉しい出来事です!

 

村上選手という揺るぎないチームの中心がいることも考えるとここから黄金時代が始まる予感がします。

 

クライマックスシリーズは娘と観に行くぞ!

糸井選手引退

先日の福留選手に続き、阪神の糸井選手も引退を表明されました。

 

 

糸井選手といえば、“超人”とも称される、フィジカルの強さで、投手から野手への転向にも関わらず、走攻守全てで超一流にまで登り詰めたプレーヤーでした。

 

 

そして、その“天然”ぶりも有名で、私は“ハイタッチ事件”が最も好きなエピソードで、ジムの仲間と大爆笑をした思い出もあります。

 

古い話ですが、私が社会人野球をさせて頂いていた時代の監督は糸井選手の叔父の方でした。

(こちらは迷惑を掛けた思い出しかありません)

 

私と同世代の選手が次々に引退され、残すはヤクルトの石川投手とソフトバンクの和田投手ぐらいでしょうか。

 

お二人には一年でも長くプレーして頂きたいです。

福留選手引退

中日ドラゴンズの福留選手が引退されます。

 

 

あの第1回WBCの逆転ホームランや日米での活躍は本当に素晴らしいものでした。

 

しかし、私の心に最も鮮明に残っているのは高校時代のPL学園の福留選手です。

 

私が中学生の夏休みにTVで観た福留選手はバックスクリーンにとんでもない1発を放っていました。

 

 

銚子商業の澤井選手とともに。

 

 

そんな、野球が1番楽しく、野球が1番好きだった頃のヒーローの引退は私自身が年齢を重ねた事を改めて感じさせられます。

 

私はまだまだ現役で頑張ります!

 

福留選手長い現役生活お疲れ様でした。

“白河の関”越え

昨日、高校野球の決勝が行われ仙台育英高校が見事に東北勢初優勝しました。

 

 

野球界では『白河の関』という言葉があり、東北の高校は甲子園で優勝する事が出来ず東北地方の玄関口である福島県の『白河の関』を優勝旗を持って超える事が出来ないというジンクスが語り継がれていました。

 

それを今回の仙台育英高校が打ち破ったという素晴らしい結果でした。

 

優勝監督インタビューでの須江監督の『青春とは蜜なんだ…』という言葉も非常に素晴らしいものでした。

 

今年の夏も甲子園が終わってしまいましたが、高校野球は本当に良いなぁといつも思います。

 

高校球児の皆んな、お疲れ様でした!

ジャイアントキリング

大阪桐蔭が負けました。

 

純粋な力関係では、10回対戦したら9回は大阪桐蔭が勝つ程だと思います。

 

この大一番でその1回が出せた下関国際が素晴らしいという事に尽きます!

 

 

それにしても、高校生の涙は美しいですね。

 

素晴らしい試合を観せてくれてありがとう。