LIPO6

オフシーズンにこそこれを試してみようと思います。

 

 

40歳越えると絞った時の腹部の皮膚感が付いてこない感覚があるので、早めにケアして行きます。

可動域

トレーニング強度を高める為に、使用重量を上げたり、反復回数を増やしたり、インターバルを短くしたり、種目数を増やしたりと様々な方法があります。

 

しかし、これらの全てをアップさせたとしても、動作の可動域が適切に取れていなければ良いトレーニングとは全く言えません。

 

私は現在、この可動域というポイントを意識してトレーニングしています。

 

当然、可動域は広い方が良いのですが、それを意識しすぎてオーバーストレッチになってしまっては怪我の可能性を高め、筋の出力も低下してしまいます。

 

そして、可動域が狭いのは…

 

私も過去に苦い経験がありますが、トレーニング初心者から中級者の頃、なんとかベンチプレスのMAXを高めて行きたいと取り組んでいました。

 

重量を求め過ぎるあまり、可動域は次第に狭くなり、本番セットではバーが全く胸に付かないほどになってしまっていました。

 

その頃、私は京都のアトラスというジムでトレーニングしていましたが、そこにはベテラントレーニーが多く…

 

『阿部くん、今日もベンチプレス“みたいな事”するの?」

 

「アップで胸に付いてるのに、本番で付かないわけないやろ⁈」

 

「肩が硬いとか言い訳するな!」

 

とボロカスに言われていました。

 

今考えれば、凄まじく恥ずかしい事をしていましたが、当時はそんな事を言われても、つまらないプライドが邪魔をして中々改善出来ませんでした。

 

ただ、あまりにも身体が変わらない為、ゼロからベンチプレスを見直し、50kgからやり直しました。

 

現在はそういった厳しい事を言ってくれる人がいなくなってしまいましたが、今一度全ての種目で可動域を見直して行きたいと考えています。

ハックスクワット

ハックスクワットのオーダーを頂いたのですが、現在非常に迷っています。

 

 

 

この2択である事は間違いないのですが、私ならCYBEXです。

 

マシン選びで大切な点で見落としがちなのがサイズです。

表示サイズの1.2倍で考えると実際に設置した時にゆとりがあります!

ローテーターカフ

私のトレーニング前のプレエクササイズ。

 

ローテーターカフ(回旋筋腱板)のエクササイズ。

 

 

中級から上級トレーニーには常識となっていますね。

 

胸・背中・肩とセパレートしてトレーニングを頑張っている方は本当に大切なエクササイズです。

 

満月

中秋の名月は明日ですが、娘の学校の課題で今日はお月見を!

 

 

明日は何年か振りに満月と名月が一致するらしいですが、満月がよく見えるのは今日らしいです。

 

たしかに綺麗でした!

 

あとは夏の大三角形も。

 

 

写真で見えるかな…

㊙︎アイテム

トレーニングの際には様々な小物を工夫して使い、より良いトレーニングが出来るようにします。

 

 

こちらのすべり止めマットも私のトレーニングには非常に大切なアイテムです。

 

まぁこのマットはトレーニングしている方なら誰でも知っていますね!

 

私はそれ以外にも色々使っていますし、まだまだ研究中です。

スクワット

最近はフロントスクワットだけでなく、バックスクワットも頻度を上げて行っています。

 

同じ「スクワット」と名のつく種目ですが、私は全く別の種目だと認識して行います。

 

 

私の課題はバックスクワットで、“つまり”“引っ掛かり”のないフォームを習得する事です。

 

まだまだ練習が必要なようです。

MEN'S PHYSIQUE 2014 全日本優勝 パーソナルトレーナー 阿部和也

Translate »