「トレーニング」カテゴリーアーカイブ

コンテスト写真

先日のコンテストで優勝した佐々木さんが

 

「ステージ写真が上がってきた!」と送って頂きました。

 

 

細かい部分の改善点はあるものの、素晴らしいコンディションとステージングが写真からも充分わかります。

 

佐々木さんとはコンテスト後、直ぐに次へ向けての修正点を確認し、取り組みに移行しています!

 

現在の状態がこちらです↓

 

ここからもっともっと良くなります!

腕トレーニング

今日は朝一でオンライン・パーソナルトレーニングをさせて頂きその後はオフでゆっくりさせて頂きました。

 

娘が美容院に行くというので、その間に私はエニタイムへ!

 

今日は腕トレーニングを。

 

ここ最近久しぶりに『腕トレ』のみを行う日を設けました。

 

まずは上腕三頭筋から。

 

まずはナローベンチプレス

 

ライイング・トライセプスエクステンション

 

フレンチプレス

 

ワンハンド・キックバック

 

三頭筋は正しいフォームを維持出来る、可能な限り高重量で行います!

 

 

次は上腕二頭筋。

 

インクライン・ダンベルカール

 

オルタネイト・ダンベルカール

 

スパイダーカール

 

私は二頭筋の方が苦手なので後で行います。

 

オーソドックスな考え方では、苦手な部位を先に行うことが多いと思いますが、私はあえて後に持ってきています。

 

少し難しい表現ですが、三頭筋のパンプも二頭筋の負荷にしたいからです。

(あくまで私の感覚的な表現です)

 

そして二頭筋は比較的ハイレップスで15reps程度がギリギリの重量で行います。

 

ブログの関係で動画がアップ出来ませんので、機会があれば一つ一つの種目の説明をしていきたいと思います。

トレーニング強度

今日は脚のトレーニングを行いましたが、トレーニング後に気持ち悪くなってしまい、30分程横になっていました。

 

 

熱中症などではなく、単純にトレーニング強度が非常に高かった為、酸欠になりました。

 

そんな状態になってしまった訳ですが、何か大切な事を思い出せたトレーニングでもありました。

 

最近の私のトレーニングは

 

『オーバーワークに気をつける』とか

 

『あまり追い込みすぎると回復が間に合わない』などと軟弱な思考になっていた気がします。

 

もちろん、自分ではそんなつもりはありませんでしたが、知らず知らずトレーニング強度が落ち、お嬢様のような過保護なトレーニングになっていました。

 

昔のように、がむしゃらに納得いくまでセットをやり込んだり、クラクラするほど粘るような野生的なトレーニングをもう一度やっていきたいと思います!

 

先日、『怪我に気を付けてケアを大切にする』と書きましたが、それは当たり前の事で、一回一回のトレーニングに対する取り組み方を見直して行きます!!

オン・ザ・ニー

『オン・ザ・ニー』

 

とても大切なテクニックです!

 

(動画がアップ出来なくてすみません)

 

ダンベル・ベンチプレスでもダンベル・ショルダープレスでも『オン・ザ・ニー』でセットする所からの緊張感が集中力を高めてくれます!

 

もちろん、床に置くときも優しく丁寧に!

ダンベルプレス

私は胸の種目で一番フィーリングが良いのはダンベルプレス!

 

 

この種目も重量、可動域を自分自身のギリギリのところを狙っていきます。

 

ただ、もう何年も大きな変化がないのも『胸』なので、何か起爆剤が欲しいところです…

基本種目

最近、トレーニングにおいてつくづく思う事があります。

 

やはり、筋肥大を目的としてトレーニングするならば1番の条件は『基本種目を高重量』だな!と。

 

『高重量』とは出来もしない無茶な重さをパーシャルでちょこちょこするという意味ではなく、自分自身が適切に行える範囲での『高重量』という意味です。

 

ライバルと競うことは大切ですが、他人と比較しての『高重量』ではありません。

 

最近はSNSやyoutubeの影響なのか、軽い重量でおしゃれな種目をやったり、種目の配列を何も考えることなくスーパーセットやトライセット、まさかののジャイアントセットを嬉々として行なっている初心者〜中級者トレーニーが多いです。

 

そんなトレーニーに限って、基本種目を行うと見栄を張った重さでどパーシャルでちょこちょこ・・・

 

おきまりの言い訳は、

 

『腰が痛いから』

 

『普段やってないから・・・』

 

こんなトレーニーに限って、3年も5年も全く体が変わらない。しかし、トレーニング歴は長いから、周りが気を使って『凄いですね〜!』と言ってくれるから改善しようとしないという、最悪な循環。

 

確かに、youtubeなどで紹介されているおしゃれな種目は解剖学的にもメカニズムとしても理にかなっている素晴らしい種目です。

 

しかし、多くのトレーニーにとって言えるのは、

 

『君が行う種目ではないよ。』ということです。

 

(少年野球の選手がイチロー選手と同じ練習をしないでしょう。少年野球には少年野球の練習があります。)

 

『ベンチをインクラインにする前に・・・

 

バーベルをリバースで握る前に・・・

 

基本種目をやりこみなさい!』

 

ということです。

マスク

自粛明けのジムではマスク着用が必須となっていますが、これが本当に苦しいです。

 

 

梅雨明けから、スイッチを切り替えたかのように気温が上がり、熱中症の対策もしながらのトレーニングとなりますので皆さんお気をつけ下さい!

肩甲骨

トレーニングを行う際に、頻繁に使われる言葉が『肩甲骨を〇〇する』というものがあります。

 

私もクライアントへの指導時や自分自身のワークアウト中には動作の正確性や再現性を高くする為に意識する箇所の1つです。

 

 

 

上の図の様にかなり広範囲に様々な動きが出来るのが肩甲骨の特徴なのですが、それ故に動いて欲しくないタイミングや方向に動いてしまうのも難しい部分です。

 

実際には図の様な平面の動きだけでなく、立体的にも動くので、ある程度この様な構造と動きを理解してトレーニングをする事がお勧めです。

 

特に背中のトレーニングでは『寄せる』、『動かさない』、『下にずり下ろす』などターゲットの部位によって使い分けたいですね!