アウトロー

来週の日曜日、3月6日にポージングセミナーが行われますが、毎回のセミナーでもお伝えしている事があります。

 

それは、ストレートに言えばフィジークやそれに類似したコンテストは『ヤンキー大会では無い!』という事です。

 

私が今まで出場したコンテストや観戦したコンテストには、必ずこの部分を誤解されている選手がいました。

 

肉体的には最高レベルの身体をしているのに、ステージでの振る舞いがリングに上がってきた10代のボクサーの様に周囲に睨みをきかす…

 

こういった選手が少なくありません。

 

フィジークは一言で言えば『ビーチで一番カッコ良い身体と振る舞い!』を競うコンテストです。

 

image

(左から2人目の西澤選手、右から2人目の宇田川選手の2名は日本人選手でも外国人選手に負けない素晴らしい雰囲気です!)

 

つまり、最も評価される雰囲気は“爽やかさ”です!

 

image

 

 

上の写真の2015オリンピアトップ5も全ての選手が爽やかなスマイルでアピールしています。

 

私も普段の表情や目つきは決して“爽やか”とは言い難い人間ですが、コンテストの為に笑顔の練習や髪型やサーフパンツにも注意しています。

 

決してアウトローの雰囲気にはならないように!

 

心当たりのある選手は今一度、客観的に自分自身の醸し出す雰囲気を確認してみて下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です