腹筋

今日はコンペティター向けです!

 

いつになっても必ず聞かれる質問が腹筋の出し方です。

 

トレーニングを頑張り、食事制限を頑張り、素晴らしいコンディションを手に入れた選手が良い結果を出せない事がよくあります。

 

原因はミッドセクションの出し方、つまり腹筋をどう出しているか?という事です。

(もちろん腹筋以外のポージングがまずい可能性もあります)

 

腹筋は大きく分けて2つの出し方があります。

 

 

 

 

上の①と②の出し方で、コンペティターとして正しいのは②です!

 

①の出し方はステージ以外の場では皆んなに『凄い凄い!』と言われて、コンテストに出てみたら残念な結果で、周りをがっかりさせるパターンのミッドセクションです。

 

②の出し方は減量で絞れれば絞れるほどウエストがタイトになりステージ上でとても映えるミッドセクションですね!

 

 

 

この違いは言葉で表すのはとても難しいのですが、強いていうならば・・・

 

①は腹をすぼめる。

②は腹を張る。

 

という感じでしょうか。

 

コンペティターの方は②の状態を自由自在に出来るように練習しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です