澤村投手の10㎏増量

沢村

前回の投稿を見て下さった方々から、予想以上の質問を戴きました。

ありがとうございます。

1つ1つ回答させて戴きます。まずはこれからです!

 

・『プロ野球の選手がシーズンオフに〇〇㎏、筋肉で体重アップした。』というのは、嘘なのか?

 

これに関しては、キャンプインの時期になると必ずスポーツニュースで耳にするセリフですね。

 

結論から言うと、“嘘ではないけど、真実ではない”という感じでしょうか。

 

最近では、ジャイアンツの澤村投手が一番イメージにあります。

確かに、澤村投手は大学時代からウエイトトレーニングを熱心に行っており、トレーニングレベルは高いです。そして、何よりプロ野球の世界で活躍出来るほどの身体能力が備わっているバリバリのアスリートです。

 

その為、僕等のような一般人とは比較出来ない、筋肥大の能力を有している可能性もあります。

しかし、僕が観察したところ、彼のようなアスリートでもかなりの脂肪を蓄えてしまっているなと感じます。

 

体重が10㎏増えていたとしても、筋肉で増えたのはせいぜい3㎏程度でしょう。

それを顕著に物語っているのが、澤村投手のあご周りとお腹周りです。この2点にあれだけの脂肪を蓄えれば、オフの2、3ヶ月で10㎏増量することも可能でしょう。

 

つまり、『体重は10㎏増えたけど、ほとんど脂肪でしょ!?』という事です。

とはいえ、プロ野球選手がウエイトトレーニングをする事は、投手であれ野手であれ大賛成です!ただし、短期的に急激な変化を求めてしまう事は、怪我の可能性や、パフォーマンスダウンの可能性が大いにあります。

今シーズンの澤村投手はどうでしょうか?

 

理想は、元阪神の鉄人、金本選手のように木が年輪を重ねるように1年1年確実に筋量を増やしていく事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です