改善箇所

昨年のコンテスト調整から約一年経ち、また今年の調整が始まろうとしています。

 

昨年の課題を踏まえて、このオフシーズンはフロント・バックで改善箇所を徹底的に取り組んできました。

 

 

その成果がどの様に表れるか、減量に入るのが久しぶりに楽しみなオフシーズンを過ごせました。

 

マイナス5kgで仕上げます!

リカバリー

前回の脚トレーニングでのフロントスクワットでは、パワーダウンを感じてしまっていましたが、今日のトレーニングでは、しっかりと準備を行いリカバリー出来た感じです。

 

2024/2/22 FSQ105kg×6reps

2024/2/22 FSQ110kg×6reps

2024/2/22 FSQ115kg×6reps

 

今日の脚トレーニングはトータルで30分だけ、超短時間集中で行いました。

 

心地良い疲労感です!

ハックスクワット

ハンマーストレングスのハックスクワットマシン。

 

 

最初は『悪いマシンだなぁ…』と感じていましたが、日に日に良さが理解出来てきました。

 

股関節が程よく屈曲位なので、非常に腰に優しいマシンです。

 

私は最近ではDLでの腰の張りが強い日や、腰の状態が良くない日はこのマシンをメインにする様になりました。

 

お試しください!

健康診断

明日は朝から健康診断に行きます。

 

その為、二日間トレーニングは完全オフ。

 

トレーニングの反応として、正常な数値が出ない検査項目もあります。

それを「トレーニングしてるから!」といってスルーしてしまえば、本当に異常な数値の場合に見逃してしまっている事になります。

 

そういう事は出来ない年齢になったので、健康診断もしっかり備えて受けたいと思います。

 

明日の朝は空腹との戦いです。

体重

今シーズンのオフは無駄な体重増加は全くしていない為、現在でも非常に軽い体重です。

 

「-5kgでコンテストコンディションになる様に」というテーマで過ごしています。

 

その為、少し体重が少なくなるとパワー種目では、てきめんにキツくなります。

 

昨日のデッドリフトがまさにそれでした。

 

2024/2/17 DL 180×3

 

残り1ヶ月半はこの体重とパワーのバランスを考えながら過ごす事が課題となりそうです。

懸垂

私の背中のトレーニングは必ず懸垂から入ります。

 

 

ワイド・パラレル・ナローの3つのグリップでそれぞれ10回3セット。

 

トータル90回を行なってから、他の種目に移行します。

 

最近はMAGグリップが出来たり、様々な背中のマシンがあり簡単に背中のトレーニングが出来る様になったイメージですが、私は逆に“なんちゃって背中のトレーニング”になってしまっているような気がします。

 

だからこそ、懸垂を極めたいと思います!

リストラップ

SBDのリストラップ。

 

こうなったら、本当にテンション下がります…

 

 

トレーニングギアは使えれば良いというものでは無く、状態や汚れ具合も非常に大切です。

 

ダンベルやマシン同様に大切に丁寧に扱う人間になりたいです。

MEN'S PHYSIQUE 2014 全日本優勝 パーソナルトレーナー 阿部和也

Translate »