渡哲也さん逝去

名優、渡哲也さんが逝去されました。

 

 

近年ではあまりテレビなどでお見掛けする機会はありませんでしたが、幼心に『あんな大人になりたいなあ・・・』と思わせて下さる方でした。

 

ご冥福をお祈りいたします。

私はトレーニング中のドリンクに『塩』を入れていますが、この時期は普段の倍程度の量をワークアウトドリンクに入れています。

 

『どんな塩を入れているの?』と聞かれますが、特別なこだわりはありません。

 

現在、使用しているのはこちらです↓

 

 

一つだけ注意しているのは、原材料が『岩塩』のものを選ぶことです。

 

 

 

『グルタミン酸ナトリウム』のものは選ばないようにしています。

 

正しい物を、正しいタイミングで、正しい量摂取すると、筋収縮もパンプアップも格段に良くなりますよ!

猛暑

今日の都内は危険な暑さでした。

 

 

移動の際は本当に危ないと感じる程でした。

 

しかも、脚トレ…

 

皆さんもくれぐれも熱中症にお気をつけ下さい!

マスク

自粛明けのジムではマスク着用が必須となっていますが、これが本当に苦しいです。

 

 

梅雨明けから、スイッチを切り替えたかのように気温が上がり、熱中症の対策もしながらのトレーニングとなりますので皆さんお気をつけ下さい!

杏林大学

今日は数ヶ月ぶりに、杏林大学でのトレーニング指導でした。

 

 

感染対策をきっちりと実施した上でのトレーニング。

 

こんな状況でも依頼を頂ける皆様に感謝しております!

 

肩甲骨

トレーニングを行う際に、頻繁に使われる言葉が『肩甲骨を〇〇する』というものがあります。

 

私もクライアントへの指導時や自分自身のワークアウト中には動作の正確性や再現性を高くする為に意識する箇所の1つです。

 

 

 

上の図の様にかなり広範囲に様々な動きが出来るのが肩甲骨の特徴なのですが、それ故に動いて欲しくないタイミングや方向に動いてしまうのも難しい部分です。

 

実際には図の様な平面の動きだけでなく、立体的にも動くので、ある程度この様な構造と動きを理解してトレーニングをする事がお勧めです。

 

特に背中のトレーニングでは『寄せる』、『動かさない』、『下にずり下ろす』などターゲットの部位によって使い分けたいですね!

日本大会へ

今日は昨年からコンテストのコーチングをさせて頂いている加藤先生とのセッションがありました!

(“先生”とお呼びしているのは、加藤さんはZUMBAなどのスタジオレッスンの人気インストラクターだからです)

 

先月末に2つのコンテストに出場されてたくさんのサッシュを持ち帰って来て下さいました!

 

 

今年はコロナウィルスの影響で当初予定されたコンテストスケジュールが中止や変更になり、非常に調整が難しい状態でした。

 

そんな中でもきっちりと好結果を出す加藤先生には頭が下がる思いです。

 

この先のコロナウィルスの状況で今後のコンテストがどうなるから分かりませんが、12月に行われる日本大会への準備を進めて行きます!

2014メンズフィジークチャンピオン&パーソナルトレーナー阿部和也のブログ

Translate »