トレーニング強度

今日は脚のトレーニングを行いましたが、トレーニング後に気持ち悪くなってしまい、30分程横になっていました。

 

 

熱中症などではなく、単純にトレーニング強度が非常に高かった為、酸欠になりました。

 

そんな状態になってしまった訳ですが、何か大切な事を思い出せたトレーニングでもありました。

 

最近の私のトレーニングは

 

『オーバーワークに気をつける』とか

 

『あまり追い込みすぎると回復が間に合わない』などと軟弱な思考になっていた気がします。

 

もちろん、自分ではそんなつもりはありませんでしたが、知らず知らずトレーニング強度が落ち、お嬢様のような過保護なトレーニングになっていました。

 

昔のように、がむしゃらに納得いくまでセットをやり込んだり、クラクラするほど粘るような野生的なトレーニングをもう一度やっていきたいと思います!

 

先日、『怪我に気を付けてケアを大切にする』と書きましたが、それは当たり前の事で、一回一回のトレーニングに対する取り組み方を見直して行きます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です